新しいエアコンをネットで安く購入したものの、取り付けをどの業者に依頼するべきか悩んでいる方や、引越しに際し、エアコンの新居への移設をどの業者に発注すればいいのか決心がつきにくい、という方は多いのではないでしょうか。

エアコンの取り付け工事は人生においてそう何度も経験することではありませんので、よくわからないのは当然のことです。しかし、できれば、長く快適にエアコンを使用できるような、質の高い取り付けを行ってくれる取り付け業者を選びたいものです

取り付け業者を選ぶコツさえ知っておけば満足の行くエアコン取り付けが可能です。このサイトでは、エアコン取り付け業者を選ぶ時の重要ポイントについて説明させていただきたいと思います。

エアコン取り付け工事の内容を理解しよう

エアコン取り付け業者を選ぶに際し、まずエアコン取り付け工事はどのような作業プロセスを経て完成するのかを理解しましょう。エアコンは室内機という機械と、室外機という機械の2つで1セットとなっており、それらの室内機と室外機の両方を家に設置する必要があります

機械の設置作業の際、家の壁や床が傷ついたり、汚れたりするのを防ぐため、シートやマスキングテープなどを使って、壁や床をカバーするのが最初に行う作業です。次に、室内機と室外機をつなぐための配管を通す穴を壁に開けます。壁の中には、柱などが壁の耐久性を高める目的で入っていることもあり、センサーを用い、穴を開ける際に損傷してはいけない個所を確認の上、ドリルで穴を開けます。

開けた穴にスリープと呼ばれるプラスチック製の輪を通した後、配管を通します。続いて、部屋の中に室内機を取り付けます。アース付きコンセントが室内機を取り付けるために必要になりますので、室内機を取り付けたい付近にアース付きコンセントがない場合は、新たに取り付けを行います。

続いて室外機の設置です。室外機を設置するには、平らな場所であることが要求されますので、もし地面が平らでない状況の場合は、ブロックなどを地面に置いて平らにします。そして、室内機と室外機と配管をつなぎます。最後に、配管の中を真空状態にする真空引きと呼ばれる作業を行います。ゴミや空気が配管内に入っていると、故障などトラブルにつながる可能性がありますから、真空引きは重要な作業です。このように、エアコンの取り付けには、高度な専門知識と専門技術が必要なのです。

標準工事と追加工事

エアコンには取り付けに必要な最低限の工事作業があり、それは標準工事と呼ばれます。標準工事には、配管を通すための穴を1ヶ所あけること、室内機を部屋の壁に設置すること、家の外側に室外機を設置すること、配管を用い室内機と室外機をで接続すること、真空引きと呼ばれる、エアコンの中を15〜20分かけて真空状態にして中の水分を取り除く作業を行うこと、エアコンの試運転を行うこと、などの作業が含まれます。この標準工事でのエアコン1台あたりの取り付けには、平均約1時間30分かかります。

エアコンを取り付けることが、標準工事だけではできない場合の工事はを追加工事と呼ばれます。どのような工事が追加工事となるのでしょうか。室外機の設置工事が追加工事となるケースがあります。ベランダや庭などの地面に室外機を置くことが可能である場合はいいのですが、それが難しい場合、屋根の上に設置したり、外壁に設置したりといった、通常とは違う方法で設置することが求められる場合は追加工事となります。

次に、エアコンを取り付けたい部屋にコンセントがない場合には、エアコン専用のコンセントを設置する必要があり、これも追加工事となります。購入したエアコンの電圧に合わせてコンセントの電圧を変更する必要があれば、追加工事となります。

隠蔽配管と呼ばれる特殊な配管穴が存在するのですが、特殊な形の配管穴に配管を通すのも時間がかかりますので追加工事となります。4m以上離れた室内機と室外機の場合にも、配管を延長するための追加工事が必要になります。むき出しになっているエアコンの配管部分がきれいに見えるようにプラスチック製のカバーをかぶせる工事や、配管穴を開けたい壁の材質が木材ではない場合にも、その壁の素材専用の特殊ドリルを使う必要があるため、追加工事扱いとなります。

このように、標準工事だけではなく、追加工事が必要な場合があり、追加工事はより豊富な経験とより高度な技術が必要とされるのです。

エアコン取り付け業者を選ぶ時のポイント

業者エアコン取り付け業者には、様々な業態があります。地域にある小型家電販売店、大型家電量販店、電気設備工事業者、空調設備業者などです。最後の空調設備業者とは、家庭用エアコンからビルや商業施設などで使われる業務用エアコンまで扱うエアコン取り付け専門業者のことです。どの業態に依頼してもいいのですが、信頼でき、安心してエアコン取り付けを任せることのできる業者を選ぶ時のポイントを見てみましょう。

まずは、値段が安いというだけで選ばないことです。説明させていただいた通り、エアコン取り付けには、標準工事、追加工事を含め、高度な技術、専門知識が必要とされます。時間もかかりますので、それなりの費用がかかるのは当然です。安くなっている理由は何なのか、工事のクオリティはどうか、確認をしましょう。さもないと、エアコンを取り付けたはいいが様々な問題が発生するという事態にもなりかねません。また、ホームページなどで格安料金を提示していても、実際には追加工事などにより高額な取り付け費用を請求されたという事例も数多くあります。まず、電話で問い合わせて、いろいろと質問してみましょう。はっきり答えてくれないような業者は避けた方が賢明でしょう。

次のポイントは、見積書が詳細に書かれているかどうかです。エアコン取り付けには、様々な工程がありますが、どの工程にいくらかかっているかが細かく書かれている見積書を出してくる取り付け業者が信頼できます。中には、合計でいくら、と大雑把な見積もりしか出してこない取り付け業者もいますが、そのような見積もりでは何にいくらかかっているかがわかりません。水増し請求されている可能性もあるのです。

最後のポイントは、保証制度が整っているかどうかです。エアコンは1度取りつければそれで終わりという商品ではありません。使っているうちに思わぬ問題が発生したりするものです。そのような場合に、しっかりした保証制度があれば、問題が発生した際に対応してくれます。保証制度がない取り付け業者の場合、取り付け工事が終わればそれっきりでフォローをしてくれない場合もあります。中には、5年間の保証をつけるという企業もあります。長くエアコンを使えるように、保証制度はしっかりチェックしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。エアコン取り付け業者を選ぶ際のポイントについてご理解いただけましたでしょうか。憶えておきたいのは、エアコン取り付けには高度な知識と技術が必要であるということです。より良い取り付け業者を選ぶためにも、エアコン取り付けのプロセスの基礎知識、標準工事の内容、追加工事の内容については、よく理解しておくようにしましょう。

エアコン取り付け業者には、地域にある小型家電販売店、大型家電量販店、電気設備工事業者、空調設備業者などの業態があります。どの業態を選んでもいいですが、チェックポイントとしては値段が安いということだけで選ばないこと、次に内容が大雑把でなく細かな工事内容まで書かれていて、何にいくらかかっているかがはっきりわかる見積書を出してきた取り付け業者を選ぶこと、最後に、充実した保証制度を持っている取り付け業者を選ぶこと、などです

特に保証制度は後々の暮らしが快適なものになるかどうかに影響してきますので、しっかりと保証制度の内容を確認するようにしましょう。皆さまがすばらしいエアコン取り付け業者を見つけ、快適なエアコン生活を送ることができることを、心よりお祈り申し上げます。

関連情報・・・エアコン取り付け
エアコン取り付け業者を一括比較できるサイトです。


◆関連記事◆

  1. エアコン取り付けにかかる時間はどれくらい?
  2. エアコン取り付けを行う際にはホースの長さに注意しよう