エアコン取り付けを行う際にはホースの長さに注意しよう 

エアコンの取り付けの際に室内機はどこに取り付けるかによって、本来のエアコンの性能が十分に発揮されるかどうかが左右されます。エアコンの効きは取り付け場所によって大きく変わりますのでエアコン取り付け時には十分に注意が必要です

エアコンの設置場所を考える上でホースの長さは重要

効率の良いエアコンの設置場所を考える上で、ホースの長さがあれぐらい必要かをあらかじめ考えておくことは必要です。標準的な工事の場合ホースの長さは4Mほどです。ですからそれ以上の長さが必要な設置場所の場合追加料金がかかってしまいます。ホースというのは室内機と室外機を繋ぐための配線のことなので、4M以内に室内機と室外機がおさまる場所が理想的な設置場所のひとつの条件となります。この距離が長すぎてしまうと4その中で空気が停滞してしまうため運転効率としては悪くなってしまいます。しかしながら室内機と室外機をそれぞれ一階と2回に分けなければ設置できないというケースもあるでしょう。そのような場合にはホースを通常4Mほど追加しなければならないでしょう。もしも4メートルほどの追加であれば通常の工事料金にプラスして1万円ほどを見ておくと良いでしょう。

衣装カバーは必要か

カバーエアコンの取り付けの上でオプション料金とはなりますが衣装カバーの取り付けを行うことができます。これはエアコンのホースを隠すためのカバーです。室内にも外にもつけることができます。室内につける場合のメリットとしては部屋のホースを綺麗に収納することはできますので、室内の雰囲気を壊したくないっていう方にとっては衣装カバーを付けた方が良いでしょう。また室外機側の外のホースに衣装カバーをつけることによって劣化を防ぐ役割も果たします。風や雨にさらされるとどうしてもホースは劣化してしまうものですが衣装カバーをつけることによってそうした影響を最小限に抑えることができます。ホースがひび割れたり穴が開いてしまったりするとそこからガスが漏れてしまい十分にエアコンが効かなくなってしまいます。そのようなリスクをあらかじめ最小限に抑えるために衣装カバーは役立つといえるでしょう。

設置場所を選ぶ際のその他の注意点

エアコンの設置場所選ぶ際には室内機の周りに続きスペースが十分にあることを確認しましょう。通気スペースが取れず狭い中にエアコンを設置してしまうとエアコンの運転効率が著しく低下してしまいます。室内機の周り4辺には5センチ程度のスペースが最低限必要です。そのためまずはそのスペースが十分に確保できるようなある程度余裕のある場所にエアコンを設置することにしましょう。

また、ホースの長さを考える上でも重要な室内機と室外機の距離も出来る限り短い方が理想的です。ホースそのものを付け足さなければいけないこともありませんし、ホースが長いことによって空気が充満し運転効率を下げるということもありません。このような取り付け場所についての専門的な知識を持っている取り付け業者に工事を依頼すると確実と言えます。エアコンを販売している量販店で工事までも一括して行っていることが少なくありません。もしも自分で取り付け業者を選ぶ際には口コミサイトなどを参照し十分な実績がある業者を選ぶと良いでしょう。また保証期間が長い業者を選ぶこともおすすめです。

このようにエアコンを取り付ける際に注意すべき事柄を踏まえておくと取り付け工事をスムーズに行うことができるでしょう。自分で色々な道具を揃えてエアコンの設置を行うこともできますが、専門的な知識や技術が必要となるため取り付け業者に依頼する方が安く確実に設置することができるでしょう。

 

エアコン取り付けにかかる時間はどれくらい?

エアコンを買った人のほとんどが、エアコン取り付けまでを販売店に依頼します。暑苦しい夜が続けば、一日でも早く買ったエアコンを稼働させたいのが人情ですが、実はエアコン取り付けは、時間指定ができないことをご存知でしょうか。日時の指定はできます。また、エアコン取り付けにかかる時間の平均は、約2時間だともいわれています。しかしエアコン取り付けに関しては、かかる時間の約束は、ほとんどの業者ができないと答えます。その理由は何なのでしょうか。これから、エアコン取り付けにかかる時間と、予約できない理由について解説します。

エアコン取り付けの工程

最初に、エアコン取り付けの工程について簡単にご説明しましょう。まずやることは、エアコン取り付けの場所を決めることです。それが決まったら、金具を壁に取り付けて、配管や電線を通す穴をあけます。

穴が開いたら、先ほど取り付けた金具にエアコン本体を設置します。室外機の場所を決めたら、配管や電線を穴から通して、本体と室外機をつなぎます。次は真空引きという工程ですが、これを行わなければエアコンはうまく稼働しません。また、故障の原因にもなりますので、どの業者も必ず真空引きを行います。

最後に試運転ですが、ここまでの工程にかかる時間は、平均して1時間半から2時間程度です。

エアコン取り付けの時間は予約できない

工程が明確で、ある程度の予測ができるのであれば、時間指定ができてもおかしくないように思えます。しかし多くの業者では、エアコン取り付けに関しては時間指定を受け付けていません。

その理由は、エアコン取り付けには想定外の工程が発生することがあるからです。朝一番の予約であれば、訪問時間を指定することはできるでしょう。しかしそこで異例の工事が必要になると、終了時間をはっきりさせることはできません。

同様に、ほかの客先で異例の事態が起きた場合には、当日の予約がずれ込むことになります。また、そうした例が珍しくないことから、エアコン取り付けの時間指定はできないとされているのです。

エアコン取り付けの想定外事例

ではどのような場合が、エアコン取り付けの想定外事例となるのでしょうか。たとえば、よくある例では室外機の設置場所を作る工程が発生するといったものがあります。エアコン本体と室外機が、近い位置にある場合は、予定外の時間がかかることはありません

問題となるのは、エアコン本体が二階以上にあるが、室外機を置くベランダなどがないといった場合です。そうしたときは、室外機を吊る場所を作らなくてはいけません。屋根に置く場合や、壁に取り付ける例もありますが、やはりこうした場合には、近くにおける場合よりも時間がかかってしまいます。

コンセントまた、エアコン用の専用コンセントが用意されていない場合も、想定外の事例といえます。エアコンは、通常のコンセントの電圧では正常に稼働しません。100V以上の強い電圧が必要なため、専用コンセントがない場合は新しく作る必要があります。

コンセントがなければ新規に回路を開かなくてはいけませんし、電圧が低い場合は、電圧の変更を行わなければいけません。このような工事に手間がかかった場合も、やはり終了時刻はあらかじめ想定していたものを上回ることになるでしょう。

エアコン取り付けのみを考えて訪問した先で、古いエアコンの取り外しを依頼されることもあります。こうしたことがあると、時間もそうですが、費用も予定を超過してしまうことがよくあります。このようなことがないように、エアコン取り付けの予約を取るときは、なるべく現状を詳しく業者に伝えるよう心がけましょう。また、可能であれば事前に訪問にて、見積もりを取っておくことも大切です。